• yukie

ウェットヘアの作りかた



ウェットヘアはスタイリングが苦手な方でも、簡単にヘアアレンジすることができ、大人っぽい印象を演出することができます。


ウェットヘアにする時に気をつけることは、スタイリング剤のつけすぎです。

ウェットヘアは、濡れ髪を作ってツヤのある感じを出すことができますが、つけすぎには注意が必要です。

ウェット感を出すために、スタイリング剤をつけすぎると、髪がベタついているように見えてしまいます。

スタイリング剤を使う時は、根元にはつけず、髪の毛の真ん中から毛先部分につけると仕上がりが良くなります。


ウェットヘアは持続させるのが難しく、時間が経つと元の髪の状態に戻ってしまうことがあります。


ヘアオイルだけでは持続が難しい時は、ワックスやジェルなどを組み合わせながら調整してみましょう。