酵素の大切さ

December 29, 2018

 

今回は《酵素》についてです!

最近、健康情報誌やテレビの健康番組などで聴くフレーズですよね。

自分も少し前から酵素サプリを飲み始めております。

が、、、

パッと思い浮かぶのが
酵素=ダイエット、健康、美容

としか思い浮かびません(笑、、、

でも《酵素》の事をもう少し詳しく理解できれば自分の身体にとってより酵素の大切さが知れると思います。

*生きる為に絶対になくてはならない酵素
昔は炭水化物、タンパク質、脂肪の三大栄養素が人が生きてくうえで必要な栄養素とされてましたが、その後に炭水化物ばかり摂取しても、それだけではエネルギーとしてうまく代謝しないということで、ビタミン、ミネラルが加わって五大栄養素になりました。
そして、その後に今まで見過ごされてきた食物繊維が加わったとのことです。

*ビタミンやミネラル、酵素との強度作業
ビタミンやミネラルの栄養サプリメント。きっと沢山の方が飲んでるのではないかと思います。
ビタミンCやカルシウムなどの微量ミネラル、また栄養ドリンクを飲んでいても、今ひとつ効き目がないと感じられてる方もいるのではないでしょうか?
この問題を説く鍵が酵素にあるんです。
いくらビタミンやミネラルを摂取しても、酵素がなければ身体の中で十分に働けません。
酵素あってのビタミン.ミネラルなんです。
今はビタミン.ミネラルは、酵素の働きを助けるという意味で《補酵素》と言われるようになっています。

*1つの仕事しかできない酵素
今、発見されてる酵素は約3,000種類で、今後も新しい酵素が発見されるといわれてます。
しかし、3,000種類あってもそれぞれの酵素は、それぞれ1つの仕事しかできないんです。
例えば、消化酵素として有名なアミラーゼというのがあります。これは、唾液の中に含まれてるもので、デンプンを分解する酵素です。
このアミラーゼはタンパク質を分解する事はできません。
タンパク質を分解するのは、プロテアーゼとゆう酵素になるんです。

*熱で変成する
もとがタンパク質なので、酵素の特徴として熱に弱いということ。
酵素は加熱されると蛋白が変成して酵素ではなくなってしまいます。 
一般的に酵素が耐えられる温度は50度〜70度位までです。
つまり、加熱した食べ物には酵素の働きがないということになります。普段の食生活で加熱した物ばかりではなく、酵素の入ってる食品を摂るように心がけてみましょう。

*発酵食品や新鮮な食材には酵素がある
酵素は何に含まれてるのか?
それは新鮮な生の食べ物の中にあります。
お肉やお魚、生野菜、果物にはみんな酵素が入ってます。また、日本にはたくさんの発酵食品があります。味噌や納豆などなど、、、。
この発酵食品にも酵素が豊富にある含まれています。
生の食べ物や発酵食品に含まれてる酵素のことを植物酵素といわれます。

酵素は、1日に作られる量が決まってて、それは年齢と共に減少していきます。

酵素は健康や美容にとって、とても必要な栄養素なんですね!!

Please reload

特集記事

n-west の駒ヶ根市 美容院としての役割。

December 13, 2015

1/1
Please reload

最新記事

November 8, 2019

October 31, 2019

October 20, 2019

September 29, 2019

Please reload

アーカイブ